AST_Key_Visual_300x200.jpg

AVLジャパン シミュレーション オンラインワークショップ 2021

加速する「BEV開発」x「Dx化対応開発プロセス改善」対応特集


脱炭素社会を目指し、主要各国は政府主導のEV普及義務化政策を打ち出しており、特に欧州メーカーはBEVを基本軸に開発資源の集中と積極的なラインアップ攻勢をかけており、日本においては少し出遅れた形でBEV対応が急がれています。また新規市場参入の容易さからBEVの開発競争はコンベンショナル車両より激しく、開発スピードを上げながらも製品品質を高めるために開発プロセスのDx化も同時に求められています。 更には新型コロナウイルスパンデミックにより、働き方(開発行為)そのものにも大きな変革が求められるようになり、Dx化の流れは一層加速していく見込みです。
以上の自動車業界が置かれている状況を鑑みて、今年は「BEV開発」と「Dx化対応開発プロセス改善」の2つのキーワードにフォーカスしたソリューションを提案するワークショップを開催することといたしました。欧州をはじめとする世界各国でBEV開発を支援してきたAVLが持つシミュレーシテクノロジーのみならず、長年の計測ソリューション開発及び車両・PTエンジニアリングサービスから培ったAVLならではの総合力を活かしたソリューションについて紹介します。

 

ON-DEMAND WEBINAR
Session1

加速するEV開発におけるバッテリー熱安全性評価シミュレーション
ON-DEMAND WEBINAR
Session2

イーアクスルNVH評価のためのモデリングと解析事例
ON-DEMAND WEBINAR
Session3

車両開発における雨水や着雪課題に対するシミュレーションアプローチ
ON-DEMAND WEBINAR
Session4

AVLの差別化されたモデル準備効率改善ソリューションの紹介
ON-DEMAND WEBINAR
Session5

IODPコンセプトに基づくDxソリューションの紹介