製品

AVL E-STORAGE BTE™

一緒に新たな電動化の地平線を開拓しましょう

研究・開発、試験、妥当性確認を目的としたバッテリーテスターおよびエミュレーター

e-storage bte

AVL E-STORAGE BTE™は、バッテリーテスターとバッテリーエミュレーター(シミュレーター)を組み合わせたデバイスです。バッテリー、e-モーター、インバーター、燃料電池の開発初期段階で妥当性確認・試験を実施することができます。このデバイスは、優れた動的性能と最高水準の測定・制御精度を兼ね備えています。E-STORAGE BTEは、バッテリーのライフサイクル試験時間を最大20 %短縮するだけでなく、信頼性と耐久性に優れた電動パワートレインコンポーネントの特性評価を迅速に実施します。

AVL E-STORAGE BTEは、バッテリー試験からバッテリーエミュレーション、単一コンポーネントから電動パワートレイン一式まで、包括的で汎用性の高いソリューションを提供します。AVLの堅牢かつ正確なツールは、優れた安定性を備えた独自のモデルベース戦略および予測制御戦略を特長としています。これにより現実に即したバッテリーエミュレーションに対応し、バッテリー試験向けに非常に動的な充放電負荷プロファイルを再現します。

E-STORAGE BTEの性能は、試験結果への影響を最小限に抑え、ドライビングプロファイルを正確に再現するためにシステムと時間の正確性を確保するように設計されています。これにより時間を節約し、非常に効率的な試験プロセスでコストを削減します。また、システムを非常に安定した電圧源としても使用できます。

E-Storage BTE EMZ

ハイダイナミックプロファイルの再現

2 msを下回る電流立ち上がり時間により、このデバイスは隙間のない非常にダイナミックな負荷プロファイルの再現に対応

高電流プロファイルの再現

出力チャネルを並列化した構成により、高電流でダイナミックな負荷プロファイルの再現が可能

さまざまな需要を抱える多様なお客様

お客様によって試験に対する要求は異なる場合がありますが、E-STORAGE BTEは、所定のポートフォリオで低電力から高電力までの需要に対応可能

柔軟で現実に即したバッテリーモデリング

私たちは、スタンドアロンRTソリューションとして使用する場合や自動化プラットフォームに統合する場合に現実に即したバッテリーモデリングを実現するため、システム制御戦略を最適化しています。AVLバッテリーモデルMoBatは、セル、モジュール、パックレベルで実際のバッテリーと同様に動作し、さまざまなモデルを適用することで、複数のテストシナリオのテスト実行を複製できます。

AVL E-STORAGE BTEを製作する際、柔軟性と自動化を中核に据えました。配電スイッチボックス(PDSB)の設定変更を自動化すると、テストベンチのダウンタイムが短縮し、可用性と使用率が向上します。これにより、テストベンチ間の自動切り替えだけでなく、手動で変更することなくシステムの並列化を実現できます。

プロパティ ユニット

電力定格

160 kW、250 kW、400 kW、500 kW 1
直流出力電力

8 – 800 V、12 – 1200 V

直流出力電流

± 600 A、± 800 A ± 1600 A 2

電流立ち上がり時間 (+ 10 % … + 90 %)

2 ms 3、0.4 – 0.6 ms 3UUT固有のパラメーター

測定精度  
電圧 ± 100 ppm RMS FS
電流 ± 100 ppm RMS FS
  1. 出力電流600 AのACS(空冷システム)として250 kW、出力電流800 AのWCS(水冷システム)として250 kW、400 kW、500 kWが利用可能
  2. デュアルモード:大電流1,600 Aおよび最大800 V、または800 Aおよび最大1,200 V
  3. 単機運転での公称条件
高精度な試験結果

現実に即したバッテリー試験とエミュレーション向けの独自の制御・測定戦略により、卓越した制御・測定精度と安定性を実現

最高水準の柔軟性と拡張性

配電スイッチボックス(PDSB)と組み合わせることで、さまざまなテストベンチで使用される電力および電流の要件に最大限の柔軟性を提供

簡単な操作

AVLのテストベンチ自動化ソフトウェアAVL PUMA 2™およびAVL LYNX 2™に統合されているため、操作が簡単

大電流需要に対応するデュアルモード切り替え

AVL E-STORAGE BTEデュアルモードシステムでは、低電圧・高電流(800 V、1,600 A)または高電圧・低電流(1,200 V、800 A)のユニットの試験や自動化システムを介した遠隔管理が可能

さまざまなニーズに対応する各種構成

AVL E-STORAGE BTEマルチチャネルシステムは、チャネルあたり最大800 V、600 Aにより、1つのシステムで2つの異なるUUT(被試験ユニット)を同時に実行可能

高精度の制御・測定オプション

内蔵の測定・制御装置により、高精度な制御・測定性能を実現し、高精度の試験結果を提供

AVL E-Mobility Testing Solutions – Brochure

Tested and Trusted.

Download
AVL E-STORAGE BTE™ 800V – Solution Sheet
Download
AVL E-STORAGE BTE™ 1200V – Solution Sheet
Download

AVLは、常に新たなソリューションに取り組んでいます。以下からご関心のある内容をご覧いただけます。

e-storage
AVL E-STORAGE SiC™

研究開発、テスト、検証用のバッテリーテスターとエミュレーター

E-Storage LV
AVL E-STORAGE LV™

Highly dynamic, regenerative power supply optimized for the testing of low-voltage micro and mild hybrid systems.

key_visul_puma_2
AVL PUMA 2™

AVL PUMA 2™は、業界におけるテストベンチ自動化のグローバル標準です。従来の試験環境はもちろん、電動化車両開発に向けたテストベンチとして広く利用されています。

E-Storage SiC Visual
バッテリー試験とエミュレーション製品

バッテリーと電動パワートレイン、燃料電池システムの試験に向けて、クラス最高水準の測定・制御精度と優れた動的パフォーマンスを実現

GL_ITS_Image_PUMA 2 Battery GUI_02.22
AVL PUMA 2™ Battery

AVL´s intuitive automation system for battery testing, from cell to module and pack.

AVL X-ion EIS
Electrochemical Impedance Spectroscopy with AVL X-ion and AVL Smart EIS

The Electrochemical Impedance Spectroscopy (EIS) is an innovative stimulus response testing technology for checking the frequency-dependent internal resistance of electrochemical cells such as batteries or fuel cells.

AVLの最新情報をご紹介します。

Matthias Dank
Matthias Dank Returns to AVL and Joins the Executive Board

AVL List GmbH has appointed Matthias Dank as new board member and Executive Vice President (EVP). The top manager with international experience was previously at McLaren Applied, where he was Director of Motorsport.

gl_its_graphic_battery_testing_environement_06.22.png
State-of-the-art Electric Vehicle Battery Test Systems
オンデマンド

OEMs, battery and cell suppliers have to continuously develop new packs and cells for the evolving automotive market. Test systems for validating battery cells and packs need to be state-of-the-art. This webinar discusses existing battery challenges and explains how intelligent automation can make testing more efficient.

Image_OpeningCeremony
AVL、グラーツに水素・燃料電池のテストセンターを開設

エネルギーおよびドライブソリューションの革新に向けて試験能力を拡大

AVL Racetech H2 Engine
AVL RACETECH Builds Hydrogen Combustion Engine for Motorsport

AVL RACETECH, the motorsport department of AVL, presents the prototype of an innovative H2 internal combustion engine. The power unit is a compact, hydrogen-powered 2-liter turbo engine, with intelligent water injection, which achieves a totally new performance level. The first racing engine that AVL RACETECH is developing and building in-house.

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to