製品

AVL Dynamic Ground Truth System™

実際の交通状況を把握

ADAS/AD機能の検証に向けた高精度ダイナミック環境測定

AVL DGTS

ADAS(先進運転支援システム)およびAD(自動運転)機能の検証における重要な段階の1つは、センサーシステムが現実を表現する際の信頼性に対する客観的な評価であり、これはグラウンドトゥルースとして知られています。

実際の交通状況を正確に表現することで、車両の認識システムの精度を測定して、車両の安全性を設計することができます。

自動運転機能の試験を行う仮想開発手法は高度化していますが、テスティングの戦略において実際の交通状況での試験の重要性は不変です。

レベル3以上のAD機能を搭載した車両も、ローンチ前の認証が必須です。

RDEなどの排出ガス試験の場合など、公道での認証試験を実施する必要があり、客観的な評価手法が必要になります。

AVL Dynamic Ground Truth System

基準測定システムの要件

Dynamic Ground Truth(DGT)システムは独立した基準測定ソリューションで、標準的なルーフラックに搭載が可能で、汎用性と柔軟性に優れています。

物体認識は内部車両センサーではなく、サードパーティのシステムにも対応するメーカー非依存型で、精度が高く、普遍的に適用できるものが望まれています。

AVLのDGTは、統合型キャリブレーションコンセプトによるワンボックスソリューションとして、これらの要件を満たしています。

プロパティ ユニット

動作温度

-10 ~ 50 °C
DGT乗用車寸法: 幅: 約1080 mm
長さ: 約960 mm
高さ: 約300 mm
最高運転速度: 130 km/h(ルーフラックの使用条件を考慮)
重量:  約53 kg

 

AVL DGTS
独立性および安全性

将来の自動運転車に対する検証は、実際の交通状況における規制適合性と被試験車両の安全性を評価する独立した測定装置が必要です。

広範な適用性

センサーのセットアップ構成やモジュール式取り付けコンセプトにより、さまざまな車両クラスやメーカータイプに柔軟に対応します。

現地のビジネスをサポートする世界的な事業展開

高度な技術を持つ専門家が構成するグローバルネットワークにより、迅速で信頼性の高い保守サービスを提供します

オールインワンソリューション

システムは調整が完了した状態で提供されるため、試験オペレーションを迅速に実行できます。

360°の視野

DGTシステムは、被試験車両の360°視野を正確にキャプチャして、あらゆる自動運転機能の検証・妥当性確認を実施します。

正確なデータの取得

キャプチャされた画像は、LiDARとカメラ、高精度GNSSセンサーで構成されており、車両とシステムの試験環境を極めて正確に把握します。センサーメッセージはGPS時刻で正確にタイムスタンプされます。

DGTとSUT(被試験システム)の高精度比較

DGTシステムデータと被試験システム(SUT)データの比較を実現するため、SUTロガーとDGTのクロックを同期させることができます。

シームレスなデータ処理

試験走行中、データはDGTシステムおよび被試験車両で収集されます。車両がガレージに戻ると、データはデータセンターに転送されます。そこから、クラウドベースのADAS/AD Big DataおよびAnalytics Platformを利用することで、データの追加処理が可能です。

AVL Dynamic Ground Truth System™-Solution Sheet

Solution Sheet - EN

Download

  

Image of SCENIUS Application for ADAS/AD Testing
AVL SCENIUS™

SCENIUSは、シナリオベースのADASおよびADの安全性試験・妥当性確認に向けた包括的なソリューションです。

AVL Smart ADAS Analyzer™
AVL Smart ADAS Analyzer™

NCAPおよび認証試験を効率化

AVL Drivingcube
AVL DRIVINGCUBE™

ADAS/ADシステムの検証・承認プロセスを高速化

Keyvisual for AVL Big Data Plattform for ADAS/AD Testing
AVL ADAS/AD Big Data and Analytics Platform

AVL ADAS/AD Big Data and Analytics Platform™を利用して、実際の交通状況データを最大限に活用

Automated and Connected Mobility Testing Keyvisual
自動運転・コネクテッドモビリティの試験

複雑なADAS/ADの機能試験を制御して新車のローンチを加速

PR_AVL_b-plus
Cooperation Between AVL and b-plus Optimizes Data-Driven Development of ADAS/AD Systems

When it comes to developing and validating advanced driver assistance systems (ADAS) and autonomous driving (AD), data-driven processes are indispensable nowadays.

gl_corp_photo_brain_01_PR.jpg
AVL Announces Strategic Vehicle-in-the-Loop Collaboration with Rohde & Schwarz

AVL and Rohde&Schwarz have intensified their collaboration with the integration of a Rohde&Schwarz radar test system into the AVL DRIVINGCUBE™.

Keyvisual of the AVL DRIVINGCUBE for Vehicle-in-the-Loop/VIL ADAS AD Testing
Efficient Validation of ADAS/AD Systems on Vehicle Level
On-demand

The integration of ADAS/AD systems into vehicles moves forward.But what needs to be considered when developing and validating these systems? You will receive answers to these questions and gain insights into application examples in this webinar!

AVL SCENIUS Software for Scenario-Based ADAS and AD safety testing and validation
Optimal ADAS/AD Test Coverage With Scenario-Based Workflow
On-demand

Testing millions of scenarios in different test environments provides a significant hurdle in ADAS and AD- development. In this free, 60-minute webinar, AVL's Heiko Scharke, Josko Balic, and Florian Klueck present the company's to toolchain for an optimized scenario-based workflow - AVL SCENIUS™.

avl_sensorikhalle-2
AVL Opens New Center for Mobility and Sensor Testing in Roding

Innovative Test Infrastructure for Driver Assistance Systems and Autonomous Driving

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to