製品

AVL Micro Soot Sensor 2™

限界を超えた基準

内燃機関の排気ガス中の過渡煤煙測定に向けた新基準

動画ファイル

排出ガス規制や市場要件の強化に伴い、燃焼・排気後処理システムを最適化する業務もますます複雑になっています。排出ガス中の煤煙含有量は、燃焼性や粒子フィルター性能を示す重要な指標です。この指標を解析することで、完成車メーカーはよりクリーンなエンジンを開発することができます。

排出ガス規制値が継続的に引き下げられ、グローバルでRDE(実路走行試験)への注目が集まっていることで、非常に複雑な排気後処理システムレイアウトの開発の負担が増しています。
燃焼最適化や排気後処理システム開発などの重要なタスクでは、最高水準の精度によるデータ測定が求められます。煤煙は燃焼性の重要な指標であり、一般的に粒子状物質の排出の主な要因であり、開発タスクの指標は排出ガス中の煤煙含有量または粒子フィルターの煤煙含有量となります。従って、煤煙はディーゼル(DPF)またはガソリン粒子フィルター(GPF)のシステム効率性評価における重要なパラメーターであるだけでなく、煤煙負荷モデルの策定や検証における主要な手段でもあります。

MSS2

頑丈かつ堅牢

AVL Micro Soot Sensor 2は、車載用に設計された、次世代の過渡煤煙測定を行う業界標準デバイスです。光音響測定原理が採用され、他の排出ガス成分との交差感度を排除して煤煙質量濃度を測定します。この指標は、エンジンテストベンチ、シャーシダイナモメーター、路上などのさまざまな試験環境における、エンジン開発プロセス全体で使用されます。

IP34規格を満たす堅牢な設計により、-10°Cから45°Cまでの温度や最高高度5,000 m(オプションのポンプユニットを使用する場合)での過酷な試験条件に対応します。改良されたシステムダイナミクスにより、この先進煤煙測定器は、DPFおよびGPF向けフィルター負荷モデル開発のための精度向上を確保します。

技術データ  

センサー原理

光音響の測定原理
測定範囲 0.001 – 150 mg/m³
表示解像度 0.01 μg/m³
煤煙検出の限界 1 μg/m³
希釈度(DR) 2から20まで調整可能
動作温度 -10~+45°C(オプションがある場合、–30°C)
動作高度

最高3,000 m(オプションのポンプモジュールがある場合、5,000 m

 

MSS2 on board
高水準の動的試験

RDEの限界を越えた過酷な条件下での非常に動的な路上試験に向けて最適化されています。

最大限の簡素化

非常にコンパクトな寸法と包括的な実装コンセプトにより、軽量で容易な設置が可能です。

接続性

INCAとの情報通信や高速なデータ転送を実現するCANインターフェース

オンボード測定用に設計

画期的な交換式センサーユニット設計を採用しているため、工具は不要です。引き出しモジュールを介してあらゆるメンテナンスの関連部品の使用が可能です。

さまざまな用途に対応

  • GDIコールドスタート用途向けの測定範囲を拡大
  • 3,000 mまでの高度測定に向けて空力性能を改良
  • 動作温度範囲を拡大
  • 高度な動的試験の操作に向けてシステムダイナミクスを改良

互換性

M.O.V.E iSおよびiXプラットフォームへのシームレスなシステム統合を実現する完全な互換性を備えています。
Isofix取付プレートと既存のM.O.V.E取付オプションおよびM.O.V.E Gas PEMS iS Design Hoodとの互換性もあります。

SPCplus background
AVL Smart Sampler

内燃機関の規制粒子状物質(PM)測定用分流希釈システム。

AVL Smoke Meter
AVL Smoke Meter

AVL Smoke Meterは、燃焼機関の排出ガス中のスス含有量を自動測定するように設計されています。このデバイスは、ISO 10054およびISO 8178-3の要件を満たしています。

75 Years Special Edition of FOCUS Magazine
『FOCUS』 75周年記念特別号が発行

『FOCUS』 75周年記念特別号では、エキサイティングなストーリーと洞察に満ちたインタビューの数々を掲載しています。AVLの歴史と、モビリティの未来への無限の可能性をご紹介します。

AVL 75 Years
AVL 75周年: 新しいブランドムービーを公開

2023年に創立75周年を迎えたAVLは、テクノロジーとイノベーションをテーマに、新しいブランドムービーを公開しました。

Energy Ecosystem
7 Trends in Automotive Sustainability

Seven trends that highlight the automotive industry's efforts to achieve sustainability goals by addressing emissions across the entire value chain and adopting greener energy sources and production practices.

EcoVision Award
AVL received the Global EcoVision Award for achievements in Hungary

AVL List GmbH received the Global EcoVision Award from WKÖ in the presence of Federal Chancellor Karl Nehammer, Federal Minister Martin Kocher, and WKÖ President Harald Mahrer for the achievements in Hungary.

AVL Brain
AVL Records Growth of 18 Percent and Continues to Invest in New and Sustainable Mobility Solutions

AVL generated 1.86 billion Euros in turnover last year – Eleven percent flows into research and development – 60 percent of the turnover is already generated by new technologies.

Focus Magazin
New FOCUS Magazine 2023

Make sure to explore various interesting topics in the latest issue of our Mobility Trend Magazine!

Reimagining Motion
AVL Mobility Accelerates Ground, Air and Space Technology

Latest projects from Northrop Grumman and Eviation presented at CES

AVL Racetech H2 Engine
AVL RACETECH Builds Hydrogen Combustion Engine for Motorsport

AVL RACETECH, the motorsport department of AVL, presents the prototype of an innovative H2 internal combustion engine. The power unit is a compact, hydrogen-powered 2-liter turbo engine, with intelligent water injection, which achieves a totally new performance level. The first racing engine that AVL RACETECH is developing and building in-house.

Image_OpeningCeremony
AVL、グラーツに水素・燃料電池のテストセンターを開設

エネルギーおよびドライブソリューションの革新に向けて試験能力を拡大

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to