e-アクスル生産試験

新たな試験手法 – 納期を守りつつ品質を保ち、最大限の効率を達成
rendering

電気駆動部は、バッテリー電気自動車(BEV)と燃料電池電気自動車(FCEV)の両方で中心的な役割を果たしています。e-モビリティ市場が急速に成長するにつれて、メーカー各社は工業化と生産量に関する要件の増加に直面しています。これらの課題に対応し、高品質な製品を確保するには、最先端の試験ソリューションとe-アクスルのインテリジェントな試験手法が必要です。AVLは、コンセプトから実装、運用までのあらゆるプロジェクト段階に対応しており、また、乗用車だけでなく、軽量・大型の商用車にも同様に対応しています。

今日、e-モビリティ市場が確立し、急速に成長していることは間違いありません。日々増加する生産量を短時間かつ高効率に試験する必要があります。電気自動車(EV)の駆動システムは、複数のコンポーネントで構成されています。e-アクスルまたは電気駆動ユニット(EDU)は、e-モーター、トランスミッション、インバーターを統合しています。これらのコンポーネントは、すでに個別に試験されている場合もありますが、組み立て時の不具合を防ぐために、e-アクスル一式の試験が必要です。例えば、NVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)などは、特にe-モビリティの分野において、運転者の満足度を左右する重要な要素です。

rendering
生産量の増加に対応可能

短いタクト時間と最大限のテストベンチ稼働時間により、日々増加する生産量にも対応可能です。

製品品質の確保

最小限の投資と運用コストでe-アクスルの品質を確保し、損害をもたらすリコールを回避します。

確実な音響性能

車両に組み込む前に音響異常を確実に検出します。

仕様

電動パワートレインと試験要件により、試験が複雑化し、コストが増大しています。これらの課題に対応し、品質を維持しながらコストと市場投入までの期間を削減するには、新たなソリューションが必要です。社内でのAVL e-アクスル開発の技術と数十年にわたる生産試験の経験を活かし、シンプルで堅牢という理念に基づいて、生産向けAVL e-アクスル試験システムを開発しました。AVLは次のように、エンドオブライン(EoL)、品質監査(QA)、生産適合性(CoP)試験アプリケーション向け専用試験システムソリューションを提供しています。

  • AVL E-Axle TS™ End of Line
  • AVL E-Axle TS™ Quality Assurance
  • AVL E-Axle TS™ Conformity of Production

AVLは、以下の特性で定義され、カスタマイズされた試験工程と適切な試験ソリューションを提供して、お客様をサポートしています。

幅広い出力範囲

  • ・乗用車、軽・中・大型車向けソリューション

  • ・最大440kWまでの出力範囲に対応する標準ソリューション(ホイールあたり)

  • ・要求に応じて440kWを超える出力範囲(ホイールあたり)

柔軟なレイアウト

  • コンパクトな設置スペース

  • 産業用フロアに設置可能、かつ、ピットや機械室がない場合も設置可能

  • 既存の生産環境への統合が容易

変更可能な試験ワークフロー

  • 準備:手動から完全自動化まで対応

  • 取り扱い:台車、コンベア、ロボットまたはAGV

  • 試験:マッチプレートから手動で接続、または自動接続

rendering
効率性を高める新たな手法

信頼性の高い24時間365日の運用と高度に自動化されたワークフローにより、増大する工業化需要に対応する大規模な試験能力を確保します。

リスクとコストの削減

最小限の投資と運用コストでe-アクスルの品質を確保し、納期内にテストベンチを納入してSOPスケジュールに対応します。

ソリューションを構築する前段階で、その体験が可能

仮想現実(VR)と拡張現実は、プロジェクトの計画、実行、トレーニング、保守を簡素化・迅速化します。

変化を続ける業界に最適なパートナー

AVLは技術の最先端で開発を続けており、その開発成果を未来志向で耐久性があるテストベンチに組み込むことが可能です。

AVL E-Axle TS™ End of Line

  • アプリケーション:生産量の増加に対応可能な設計
  • e-アクスルの取り扱い:手動から全自動まで
  • タクトタイム:通常2~5分のところ、90秒に短縮
  • ホイールあたりの負荷ユニット:最大5,000 Nmおよび3,000 rpm
    / 最大440 kW
  • 直流電源:最大1.1 MW / 1,200 V / 2,000 A

AVL E-Axle TS™ 品質監査/製造の適合性

  • アプリケーション:試験サイクルの延長を目指す
  • e-アクスルの取り扱い:手動から全自動まで
  • タクトタイム:通常15~30分
  • ホイールあたりの負荷ユニット:最大5,000 Nmおよび3,000 rpm/最大440 kW
  • 筐体:産業用フロアに設置、または、コンテナを活用した(納入前に組み立てられ、事前に試験済みの)ソリューション

効率的な音響品質管理

  • ・生産試験向けの堅牢なセンサー、加速度計、マイクロフォン
  • ・拡張しやすい音響チャネル
  • ・完全統合型データ取得・評価システム
  • ・さまざまな負荷・速度シナリオ下でのNVH特性評価を実施する、標準された試験プロトコル

既存環境へのソリューション統合

  • ・コンパクトな設置スペース
  • ・アセンブリラインへのシームレスな接続
  • ・産業用フロアへ設置可能、またはコンテナを活用した柔軟なシステムレイアウト
  • ・プレインストールされ、完全にテストされた、接続後に即使用可能なソリューション
  • ・移転時の適応性の高さ
  • ・さまざまな環境や領域での複製が容易
robert nemeth

「AVLでは、生産試験ソリューションが、効率的な生産工程と高品質の製品を実現する重要な要素であると認識しています。これが、お客様が私たちを信頼する大きな理由です。」

– AVL List GmbH Department Manager Robert Nemeth

AVL E-Mobility Testing Solutions – Brochure

Tested and Trusted.

Download
AVL E-Axle TS™ EOL – Solution Sheet

Test Fast. Judge Confident.

Download
AVL E-Axle TS™ QA / COP – Solution Sheet

Highest Flexibility. Complete Quality.

Download
Success Story – “Spinning E-Axles”

Quick and lean solution helping TEXA with e-axle industrialization.

Download
production
e-モビリティ向け生産試験

バッテリー、e-アクスル、e-モーター、インバーター、燃料電池などのe-モビリティ用途向けのEOL(End-of-Line)試験システム(TS)を確認できます。

Header
e-アクスル試験システム

AVLでは、お客様のエンジニアリング施設における生産性に影響を及ぼすことなく、導入が簡単なe-アクスルソリューションを開発しています。

AVL PUMA 2 Production
AVL PUMA 2™ Production

AVL PUMA 2™ Productionは、さまざまなe-モビリティ用途の実稼働試験向けに設計された、AVLの堅牢な自動化システムです。

eMobility Testing
e-モビリティー開発に向けたテスティングソリューション

AVLは、あらゆるタイプのe-モビリティに対して、コンポーネントからシステムまで、開発支援と試験、シミュレーションの分野で専門知識と包括的なソリューションを提供しています。

e-motor performance
e-モーター試験システム

AVLには、専用のe-モーター試験システム、ソフトウェア、ツール、工程から構成される広範な製品群があり、これらの最新電動パワートレインを非常に短い期間で試験・妥当性確認を実施します。

Customer Services
テスティングソリューションにおけるカスタマーサービス

The AVL Customer Services organization consists of more than 700 service- and application engineers worldwide, operating from more than 50 locations. Our global footprint is your local benefit.

EcoVision Award
AVL received the Global EcoVision Award for achievements in Hungary

AVL List GmbH received the Global EcoVision Award from WKÖ in the presence of Federal Chancellor Karl Nehammer, Federal Minister Martin Kocher, and WKÖ President Harald Mahrer for the achievements in Hungary.

AVL at the 44th Vienna Motor Symposium
AVL at the 44th Vienna Motor Symposium

What kind of cars will we be driving in the future? These and other exciting questions around the topic of "Future Mobility" were addressed by more than 1,000 participants from 25 countries at the international 44th Vienna Motor Symposium. The tenor: Future automobiles will be CO2-neutral.

Honorary Citizenship Helmut List
Helmut List Awarded Honorary Citizen of the City of Graz

For his services, Prof. Helmut List was today awarded honorary citizenship of the city of Graz.

AVL Brain
AVL Records Growth of 18 Percent and Continues to Invest in New and Sustainable Mobility Solutions

AVL generated 1.86 billion Euros in turnover last year – Eleven percent flows into research and development – 60 percent of the turnover is already generated by new technologies.

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to