サービス

統合オープン開発プラットフォーム

バーチャルとリアルの融合

ツールやサプライヤーに依存せず、車両開発工程のあらゆる要素を相互に連携し、シミュレーション、試験、メソドロジーの各部門におけるすべての知識とスキルセットに即座にアクセスできます。

IODP

自動車推進システムや車両の派生型がますます多様化するにつれて、自動車試験に関連する取り組みもさらに複雑化しています。業界関係者はより速く、より効率的に開発できる方法や、変化に適応し続けられる方法を求めています。統合オープン開発プラットフォームによる総合アプローチにより、モデルベース開発の新たな方法を実現します。AVLのコネクティングソリューションとプロセスイノベーションサービスは、既存のツールを統合し、最先端の手法を利用しながら、複雑性の管理と開発の迅速化に役立ちます。製品の一貫した機能的ビューと、開発フェーズ間の試験結果を比較できます。

複雑さが増大しています。推進システムの多様性が増大し、派生車が増えていることが重要な要因です。しかし、ADAS(先進運転支援システム)およびAD(自動運転)および関連する大量のデータも一因となっています。結果として、試験作業が増加し、さまざまなツールが存在することになります。
自動車業界は以下の2つの本質的な問題に直面しています。

  • より速く、より効率的に開発する方法とは?
  • 変化に適応し続ける方法とは?

真のモデルベース開発では、組織内のすべての機能、シミュレーションモデル、データストレージシステム、試験環境、オートメーションシステムが連携されている必要があります。

IODP

複雑さ

派生車の増加、さまざまな推進システム、ならびにADAS(先進運転支援システム)およびAD(自動運転)により、開発はさらに困難になります。

増加する試験作業

技術が複雑化し、世界中で規制要件が変化していることで、必須試験の数が増加しています。

さまざまなツールが存在する環境

誰もが特定の作業に最適なツールを使いたいと考えています。しかし、それでは再利用と自動化が難しくなります。

IODP

統合オープン開発プラットフォーム(IODP)は、モデルベース開発の新たな方法を実現します。AVLのコネクティングソリューションは、開発工程全体でシミュレーションモデル、テストベンチ、デバイス、データを統合するニュートラルコネクタを提供します。これにより、お客様の特定の作業に合わせて、複雑さと速度を制御する独自の柔軟な開発環境を構築できます。AVLはプロセスイノベーションサービスの一環として、開発効率を改善する施策をお客様とともに定義します。開発効率の改善は、既存の環境での生産性を改善すること、ならびに作業負荷を前段階の工程に移すことで達成します。

統合オープン開発プラットフォームは、一貫した機能ビューで製品を確認できます。一貫したモデル、類似した試験手順、シームレスなデータ管理により、開発工程全体で同等の試験結果が得られます。また、AVLはお客様の既存ツールを統合し、最も効率的かつ効果的な手法を適用します。

速度

早期に、迅速に、健全に意思決定できます。

パフォーマンス

全体は単なる部分の足し合わせではありません。バーチャルと現実の両面から最高の組み合わせを利用できます。

一貫性

情報オブジェクトを最適化して、再利用性と使いやすさを実現します。

Helmut O. List

複雑化する課題に対処するには、バーチャル世界と現実世界を相互に接続する必要があります。統合オープン開発プラットフォームは、この目的を実現するためにAVLが出した答えです。

– AVL 最高経営責任者(CEO) Helmut List 教授

A New Age of Collaboration

A whitepaper on step-by-step integration.

Download
Augmented Development and the Ecosystem

An article about digitalization, simulated digital twins and end-to-end development.

Download
Managing Change for the Better

An article on how AVL Process Innovation Services help you realize your development potential.

Download
Building a Connected Future

An article about harnessing the power of connected workflows to promote interoperability.

Download

関連トピック

関連するトピックをご紹介します。

Process Innovation Services
プロセスイノベーションサービス

With our consulting and implementation services, you develop a more competitive product portfolio, optimize your development process and improve the efficiency of your simulation and test factory.

Connecting Solutions
コネクティングソリューション

The interoperability problem has become even more acute in recent years. This has made continuous verification and validation (V&V) – enabled by virtualization, frontloading and digitalization -  crucial for the development process.

Continuous V&V
継続的な検証・妥当性確認

Establish the digital thread across multiple projects and get your data-driven engineering off the ground. So that the vision of digitizing the development process becomes reality.

Testbed.CONNECT
Testbed.CONNECT™でテストベンチでのシミュレーションを実現

A powerful open execution platform that connects simulation models to the testbed.

Data.CONNECT
Data.CONNECT™によるデータ管理

Meet the challenges of today and tomorrow with this modular data management solution for data harmonization, integration, search, exploration, and automated processing.

Device.CONNECT
Device.CONNECT™を活用したIoT

Device.CONNECT™ is AVL’s highly secure answer to mastering the IoT challenges in the automotive industry.

AVLの最新情報をご紹介します。

Augmented Development (1)

Recording available - English

オンデマンド
What Does a Future-Proof Open Development Ecosystem Look Like?
ProcessInnovationService

Recording available - English

オンデマンド
How Can Decisions on Development Efficiency Be Made For a Competitive Vehicle Portfolio?
From Virtual to Real_small (1)

Recording available - English

オンデマンド
Earlier, Faster, Cheaper, Better – How to Accelerate the Vehicle Development Process and Utilize the In-Use Phase?
Webinar 3_Virtual Prototype_Data_Landscape Format

Recording available - English

オンデマンド
Digitalization of the Vehicle Development Process – What to Do Next?

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to