AVL E-Motor TS™ EMC

e-ミッションを制御。電動パワートレインの電磁適合性の妥当性確認
E-Motor EMC Test Systems

現代の自動車では、運転支援、乗客安全性、車内外の通信インターフェースなどの各種システムが最先端のものとして搭載されています。しかし、それらのシステムによる電磁放射線や相互干渉が大きな課題となっています。高感度通信システムの近くで、高出力の電動パワートレインをあらゆる状況で妨害されずに動作させることは、自動車業界が克服しなければならない重要なハードルの1つです。このためAVLは、最新の電磁両立性(EMC)規格に準拠したソリューションを開発し、実際の運用条件でEMCの評価・妥当性確認を行い、電子システムの最適な機能性を確保できるようにしました。

近年、自動車産業は、ますます増加する電気・電子(EE)サブシステムを車両に統合するという課題に直面しています。さまざまな電気システムが相互に影響することを低減するため、車両のEMC(電磁両立性)に関する基準が頻繁に改訂されています。また、完成車メーカーの仕様はより厳格なEMC水準に対応するために使用されることが多くなっています。したがって、EMC測定は、電気自動車およびそのサブアセンブリグループの開発初期段階で考慮しなければなりません。

E-Motor TS EMC

仕様

AVLのEMC試験ソリューションは、その製品群全体で同一の自主基準を共有しています。

パフォーマンス
試験検体を迅速かつ安全に動作させて負荷をかけ、UUTの完全なパフォーマンス領域で妥協なく正確なEMC測定を実現にすることは、効果的なEMC解析には非常に重要です。

効率性
EMCチャンバーの多目的利用を実現し、EMCと負荷アプリケーションハードウェア間での相互運用性を確保することで、テストベンチの効率性を向上させることは、AVLの試験システムにおける重要な特性です。

厳格な設計規則
EMCテストベンチのあらゆるコンポーネントが、UUT測定に対する不要な外部影響の抑制に寄与しています。AVLは、EMCの包括的なコンセプトを厳密に実装することで試験システムを開発しています。そのため、EMCパフォーマンスに疑問の余地はありません。

AVL E-Motor TS™ EMC-mobile
重要な機能として、既存のEMCチャンバーを大幅に変更することなく、フルロードEMC試験を実行できることが挙げられます。このシステムの可動性により、事前セットアップを外部で完全に実施してから、チャンバー内に移すことで効率性を高められます。

AVL E-Motor TS™ EMC-fixed
AVLの柔軟なモジュール型試験ソリューションにより、最新の規格に準拠したEMC試験を実現します。また、e-モーターの開発環境も充実しています。

パラメーター

 

放射妨害波

周波数範囲10 kHz~18 GHz
グランドノイズ CISPR 25に準拠した、クラス5より優れた6 dB(移動式)/10 db(据置式)以上
イミュニティフィールド ISO 11452-2に準拠した、400 V/m無変調、変調(80% AM 1 kHz)
   

 

EMC
あらゆる要件に対応する適切なソリューション

単一の試験コンポーネントから、移動式・据置式試験システム、ターンキープロジェクト一式まで対応する、完全にカスタマイズされたEMC試験ソリューション

完璧な適合

最高速度20,000 rpm、最大トルク4500 Nm、最大出力700 kWに対応する、多様なパフォーマンスクラスにより、UUTへの完璧な適合を実現

実績あるEMCパフォーマンス

排出物およびイミュニティ規格(CISPR 25、ISO 11452-2など)を含む最新の規格に準拠したEMC準拠

AVL E-Motor TS™ EMC-mobile

  • 被試験機器(EUT)、自動化、安全性、EMC測定に関する完全統合型システム
  • 実績あるRF(無線周波数)ゼロエミッションと最高水準のイミュニティ堅牢性
  • 各種EUTの非常に広範な動作範囲と実駆動サイクルを備えた、将来を見据えたハイパフォーマンス
  • 接続してすぐに使える設計による迅速な試運転
  • AVL Integrated Open Development Platform(IODP)への拡張に完全対応

AVL E-Motor TS™ EMC-fixed

  • フルパフォーマンス(最大20,000 rpm、最大トルク4500 Nm、最大出力700 kW)
  • 排出物およびイミュニティ規格(CISPR 25、ISO 11452-2)を含むEMC完全準拠
  • お客様の要件に応じた開放速度とトルク範囲により、幅広いパフォーマンス範囲を実現
  • 高性能自動化システムとリアルタイム制御BUS
  • さまざまなアプリケーションで動作する、実績ある自動化システム

高度なEMC解析インターフェース

Advanced EMC Analysis Interfaceは、AVL PUMA™テストベンチ自動化とRohde & SchwarzのR&S®ELEKTRA EMC試験機器自動化との間でデータ同期を行います。EMC測定のタイプ(排出物(EMI)またはイミュニティ(EMS))に応じて、自動化はそれぞれの被試験装置(EUT)を想定します。EMCデータのオンライン検証・制限違反により、最高速での試験または完全性のいずれかを選択できます。これにより、EMCの問題を迅速に解析・特定し、包括的な試験レポートを自動生成できます。

AVL E-Mobility Testing Solutions – Brochure

Tested and Trusted.

Download
AVL EMC Test Systems – Brochure

Control your e-mission.

Download
AVL E-Motor TS™ EMC-mobile – Solution Sheet

Silent. Safe. Smart.

Download
AVL E-Motor TS™ EMC-fixed – Solution Sheet

Highly accurate measuring and control system.

Download
AVL E-Motor Testing Solutions – Brochure

Validate e-motors of different types, speeds, and torques.

Download
nvh testbed
AVL E-Motor TS™ NVH

Electrified propulsion systems are a growing part of modern transportation. The changing noise/sound landscape is increasingly demanding modern NVH engineering. At AVL, we have solutions and processes for optimizing the design and quality assurance of interior and exterior vehicle sound.

back to back
AVL E-Motor TS™ Durability

The AVL E-Motor TS™ Durability is a 4-quadrant e-motor durability test system, operational 24/7.

e-motor performance
AVL E-Motor TS™ Performance

速度とトルクを最適に表示する、お客様独自の電動パワートレイン開発向け試験システム

AVL Puma 2 e-motor
AVL PUMA 2™ E-Motor

e-モーター試験向けクラス最高の自動化システムです。

Concerto
AVL CONCERTO 5™

CONCERTOにはすぐに使用できる専門分野のノウハウが組み込まれています。データドリブンなエンジニアリングで、開発を強力にサポート供します。

Customer Services
テスティングソリューションにおけるカスタマーサービス

The AVL Customer Services organization consists of more than 700 service- and application engineers worldwide, operating from more than 50 locations. Our global footprint is your local benefit.

AVLの最新情報をご紹介します。
AVL and Rohde & Schwarz collaborate
AVL and Rohde & Schwarz Collaborate to Automate and Speed Up EMC Tests Under Real Driving Conditions

To ease and speed up the development process, AVL and Rohde & Schwarz, two of the world’s leading providers of automotive test systems, present an innovative solution for automated electromagnetic compatibility (EMC) data analysis of an electric drivetrain under real driving conditions.

Matthias Dank
Matthias Dank Returns to AVL and Joins the Executive Board

AVL List GmbH has appointed Matthias Dank as new board member and Executive Vice President (EVP). The top manager with international experience was previously at McLaren Applied, where he was Director of Motorsport.

Reimagining Motion
AVL Mobility Accelerates Ground, Air and Space Technology

Latest projects from Northrop Grumman and Eviation presented at CES

AVL Racetech H2 Engine
AVL RACETECH Builds Hydrogen Combustion Engine for Motorsport

AVL RACETECH, the motorsport department of AVL, presents the prototype of an innovative H2 internal combustion engine. The power unit is a compact, hydrogen-powered 2-liter turbo engine, with intelligent water injection, which achieves a totally new performance level. The first racing engine that AVL RACETECH is developing and building in-house.

Image_OpeningCeremony
AVL、グラーツに水素・燃料電池のテストセンターを開設

エネルギーおよびドライブソリューションの革新に向けて試験能力を拡大

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to