エンジニアリング

仮想車両開発

完全仮想

仮想化は、コンポーネント指向から機能指向へと急速に移行する車両開発において重要な要素です。

動画ファイル

従来、車両開発は厳密なコンポーネント指向であり、コンセプトの決定と車両の検証・妥当性確認は物理的なハードウェアプロトタイプに依存していました。電動化、デジタル化、コネクティビティ、運転支援などの最新トレンドにより、これらによる複雑さに対応できる新たな開発アプローチが求められています。

自動車産業は急速に機能指向の開発へと移行しており、開発活動ではSDV(ソフトウェア・デファインド・ビークル)に重点が置かれています。

こうした大きなトレンドにより、完成車メーカーの組織構造やエンジニアリングの役割だけでなく、車両開発プロセスの仮想化に活用されるツールや手法にも変化が求められています。

車両構成には非常に多くの選択肢があるため、完成車メーカーは効率的な製品開発に関して大きな課題に直面しています。この課題は、車両システムシャーシ、ボディ、推進システム、サーマルシステム、およびADAS/ADなど複数のコンポーネントの組み合わせ、それらの技術的特性と複雑な相互関係、ならびに多数の顧客要件に起因しています。

完成車メーカーは次の疑問に答える必要があります。

  • 現在と未来の車両に消費者が求めるものは何か?
  • 消費者が求めるものは、車両システムの設計(推進システム、シャーシ、熱マネージメント)とその設計パラメーター(トポロジー選択、コンポーネント特性、車両の追加機能など)にどのように影響するか?
VSM Vehicle Concept Definition

モデルの設定

システムシミュレーションエンジニアは、有効な車両モデルの設定に作業時間の最大60%を費やす場合があります。

モデルの妥当性と精度の確保

シミュレーション結果と測定データの関連づけや、特徴的な動作の比較など、一部の手順は手動で行う必要があります。車両レベルで求められる精度品質を達成するには、時間とコストのかかるコンポーネント測定が必要になる場合があります。

統合されたコネクティッド仮想プロトタイプ

領域間共通の機能開発ドメインをつなぎ、全体最適を達成します。

動画ファイル

検証済みの仮想プロトタイプと堅牢でSOP実証済みの手法を活かすことで、開発プロセスに沿って仮想化レベルを最大化します。

  • 領域横断的な車両システムシミュレーションソリューション(機能、熱、機械、形状、E/E)
  • 車両エネルギー管理、空気力学に対するドライビング性能、熱およびE/E、NVH、衝突、耐久性、腐食および気密性など、コンピュータ支援による車両シミュレーションの全範囲
  • ドライビングシミュレーターでの初期仮想プロトタイプ
  • AVL VSM™とAVL vSUITE™により、エネルギー管理、航続距離、ドライビング特性、熱のバランスをとることで、車両の最適化を実現します。
  • コンセプトから試験までシームレスに使用できるモジュール性とリアルタイム機能
  • MBSEベースの車両開発プロセスの一環としての車両システムシミュレーション

AVLは、車両シミュレーションサービス、手法、プロジェクトサポート、ツールなど、お客様の車両開発プロセスにおける仮想化のあらゆる側面に対応できる独立パートナーです。

対象となるすべてのシステム

10以上の車両特性とすべての車両システム(ボディ、推進システム、シャーシ、熱、E/E)に対応する領域横断的な車両シミュレーションソリューション。

300を超える検証済みモデル

Vehicle Model Factoryソリューションでは、300を超える検証済み車両モデルにアクセス。

高速クラウドシミュレーション

クラウドシミュレーションによる超高速車両コンセプトフェーズ(>10 M km/日)。

ワンストップサービス

シミュレーションサービス、手法、プロジェクトサポート、ツールなどを一元的に提供できるパートナー。

考えられる技術構成や機能、サブシステム、コンポーネント特性は多岐にわたるため、定義された車両の目標要件を最も充足する車両構成を決定するのは困難です。

車両コンセプト定義

車両システムシミュレーションは、可能な限り迅速に車両構成を特定できるようにするために、実現可能性・概念フェーズで使用される重要なソリューションの1つです。

このソリューションは、エネルギー管理、航続距離、ドライビング特性、および熱マネージメントのバランスをとることで、車両最適化を完全に実現するとともに、形状特性および車両アーキテクチャ特性と構造的な要件も考慮しています。

動画ファイル

モデルベース車両制御の校正および試験

車両の機能や特長が増えることで、機能開発全体での仮想化(要件エンジニアリング、システム設計、開発、校正、試験、妥当性確認)につながっています。AVLのツールと手法は、車両機能の効率的で堅牢なモデルベースによる開発を実現します。

検証された競合車両モデル

AVLのデータベース(世界市場の300台以上の車両による路上測定データを含む)から提供されるベンチマークデータを使用すれば、大幅なリードタイム短縮とコスト削減が可能です。

AVL独自のVehicle Model Factoryアプローチにより、車両モデルのセットアップと妥当性確認に要する時間を最大で60%短縮できます。

ドライビングシミュレーター試験セッション

実際のハードウェアプロトタイプ車両を待たずに、新しい車両コンセプトやその機能を体験できます。AVLのドライビングシミュレーター施設のまっさらな道路で、イノベーションが詰まったお客様の車両をテストドライブしてください。

動画ファイル

関連トピック

関連するトピックをご紹介します。

AVL Global Vehicle Benchmarking and Technology Scouting
Global Vehicle Benchmarking and Technology Scouting

Through our comprehensive AVL Global Vehicle Benchmarking program, you will gain in-depth understanding of the latest trends in vehicle development. Our standardized testing procedures, assessment and evaluation methodology, as well as the related metrics and KPIs provide you with a detailed technical analysis of your competitors’ vehicles.

VSM Chassis Control
機能ベース車両開発とシステムベース車両開発

量産化を成功させるために。AVLは、製品を定義するコンポーネントとシステムを深く理解しています。これにより、最適な技術を取り入れながら、車両の機能や目標を理想的な方法で組み合わせることができ、AVLの強みとなっています。

Thermal Management and HVAC for Passenger Cars and Commercial Vehicles
HVAC・熱マネジメント

「コンフォートゾーン」は乗員だけではなく、コンポーネントにも存在します。AVLでは、コンポーネントやシステムの開発・車両への統合を行っています。初期のコンセプトからSOPまで、効率的な熱マネジメントを行う最適な制御戦略を提供します。

Next Generation Vehicle Engineering
車両エンジニアリング

乗用車や商用車の別なく、AVLは既存技術と新技術を考慮して、お客様の個々の要件とエンドユーザーの期待を調整して実現します。AVLは、仮想上での業務遂行、機能性車両の開発、ならびに車両へのシステム統合に焦点を当てています。

AVLの最新情報をご紹介します。

Zalazone Opening
Press Release
AVL Opens New Vehicle Engineering Center With Direct Access to Proving Ground

With the new vehicle engineering center, AVL established a unique engineering facility to test conventional and future vehicles in Zalaegerszeg, Hungary.

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to