ソフトウェア

仮想システム開発 - コンセプト、レイアウト、統合

AVLシミュレーションソリューションの更新と改善

Software Release - System Simulation

仮想システム開発における最新の機能強化

ダイナミックe-マシンコンポーネントが拡張され、インバーターの挙動をモデル化できるようになりました。このインバーターモデルタイプは、平均圧形変換器あるいはパルス幅変調(PWM)電圧形変換器として記述されます。

このPWMアプローチには、コンポーネントをPWM信号で制御できるという長所があります。この場合、内蔵インバーターは三相で動作するe-マシンモデルに適用できます。シミュレーション結果は、インバーターのさまざまな分岐とe-マシンの対応する分岐における、スイッチング電流・電圧を含む三相の詳細を示します。

Virtual System Development
図1:三相ダイナミックe-マシンおよびインバーター

自動生成された結果ページを示す、パワートレインモデルジェネレーターの機能拡張です。

結果ページの範囲は、選択したパワートレイン構成によって異なり、時間分解データとスカラーKPIが含まれます。標準レポートは、レビューにフォーカスした要約を示し、パワートレイン構成を評価しやすくします。

Virtual System Development
図2:パワートレインモデルジェネレーター(PMG)の標準レポート

物理モデリングが限界に達した場合や包括的な実験データが利用可能である場合、多次元データの効果的な処理が役立ちます。多次元データ処理を行うため、CRUISE Mは新しい専用のnDマップコンポーネントを導入します。

データは表形式で保存され、個別に構成できます。列を任意の数の定義域と値域に分割できます。前者には入力データ、後者にはデータ評価の出力データが必要です。対応するデータバスの入出力ポートが自動的に作成されます。これにより、マップ(速度とトルクの関数としての損失)を他のマップ(ギアと温度)の下に配置でき、5Dのデータ構造をより小さなエンティティに分割可能になるため、データ評価が一層簡単になります。

Virtual System Development
図3:新しいnDマップによる多次元データ処理
Virtual System Development
図4:MATファイルとしての結果データにより、追加の評価オプションが使用可能

CRUISE Mシミュレーション結果は、ASCIIファイル(すなわち、CVS)およびバイナリ形式で保存できます。現在、別のオプションが追加されているため、結果をMATファイル形式で保存することもできます。

MATファイルとして保存された結果は、AVL IMPRESS™ Mの標準後処理に使用できます。また、結果をMATLAB ®にロードすることもできます。結果データは、構造化された形式で配信されます。グローバルメタデータとコンポーネントのリストは最上位レベルにあります。そこから、個々の信号のレベルまで掘り下げて、任意の結果解析を実行できます。

離散化ソリッド3Dコンポーネントの新しい機能を使用すると、3D構造における熱の伝播を簡単に調査できます。

新しい入力ページで、熱を放出するレイヤーを指定します。入力データはシンプルですが、隣接するゾーンに対する局所的な温度上昇の影響を正確に表示できます。さらに、ソリッド構造全体における温度波の伝播を解析できます。

Virtual System Development
図5:内部熱源による3Dシミュレーション結果
Virtual System Development
図6:ギヤボックスのダイナミックシフティングモデル

多くの場合、ダイナミックシフティングモデルは、(仮想)テストベンチ用途に適しています。

キネマティックシフティングモデルはシフト過程を時間的に正確に記述するため、バックグラウンドで高度な数値処理を必要とします。ダイナミックシフティングモデルは、その処理を回避します。そのためAVLでは、ギヤボックスコンポーネントと既存のキネマティック固定シフティングプロセスを拡張し、シフティングプロセスを動的に記述できるようにしました。

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to