製品

AVL FUELLOAD™

ORVR(車載燃料補給時蒸気回収装置)試験用途向け移動式燃料補給システム

AVL FUELLOADは、ORVR試験手順において、車両またはタンクシステムの燃料調整および燃料補給手順に特化して設計されています。

AVL FUELLOAD™

代替燃料と新しい運転コンセプト(ハイブリッドなど)に関する現在の傾向と、特に米国と中国で今後予定されている規制強化により、車両タンクシステムの容量と耐久性に対する要求が高まっています。
これらの要件を満たすためには、適切かつ柔軟な燃料補給試験システムが不可欠です。

AVL FUELLOADは、米国と中国における最新の認証規制を念頭に置いて設計されています。燃料調製・燃料補給向け完全自給自足システムは機動性があり、ORVR燃料補給試験向けに特別に開発されました。オプションの拡張機能を使用すると、AVL FUELLOADを目的の用途に合わせてカスタマイズできます。

Futur proof functions AVL FUELLOAD

ISO 17025 キャリブレーション

オプションのISO 17025に準拠したキャリブレーションにより、AVL FUELLOAD燃料補給システムにメンテナンスコンセプトを利用でき、車両型式認証の要件も満たしています。

研究・開発試験に対応

高精度な温度・流量制御により、現在の法的要件を上回り、研究・開発や将来の要件に最適なシステムとなっています。

効率的な試験運用

デバイスの高温制御能力と信頼性の高い燃料事前調整により、準備時間の短縮と効率的な試験運転を実現します。

AVL FUELLOAD燃料補給システムの革新的機能

  • 現行規制US/EPA(§86.154-98)およびChina 6(GB/T 18352.6)に準拠
  • 連続的に調整可能な広い温度範囲(5 °C~55 °C)
  • 連続的に調整可能な流量範囲(3 l/min–50 l/min)
  • 精度< +-0.5 °Cの精密な温度制御
  • 精度< +-0.3 l/minの精密な流量制御
  • 高い暖房能力(> 1 K/min)
  • 高い冷却能力(> 1.2 K/min)
  • 偏差0.3 %未満の精密な燃料量測定
  • 容量200リットルの内部タンク(使用可能範囲:20~180 l)
  • ガソリン(EN228)、ディーゼル燃料(EN590)、エタノール(E85)、メタノール(M15)、バイオ燃料混合物、その他の代替燃料に対応
プロパティ ユニット

タンク容量

200 l
流量範囲 3~50 l/min
温度範囲 10~55 °C
インターフェース LAN/TCPIP、アナログインターフェース(オプション)
圧縮空気仕様 6 bar(連続ベース)、オイル・水なし
認証 ATEX、TÜV、CE
寸法 1980 x 1600 x 1100 mm(W x D x H)

 

広範な用途

ORVR試験の従来型利用から研究・開発目的での使用まで、幅広い用途に対応しています。

高性能な自動化

試験運用中に取得したすべてのデータは、AVL SHEDCON自動化ソフトウェアを介して一元的に保存、処理、ログ記録されます。

規制遵守

AVL FUELLOADは、最新のEPA、CARB、China 6認証規則に準拠した認証試験向けに設計されています。

工業デザイン

このシステムは、爆発性雰囲気(ATEX Zone 1)での運用を想定して設計されています。燃料補給システムの加圧制御キャビネットは、爆発性雰囲気の侵入を防ぎます。

無人での運用

このシステムは、完全に自動化されたデータ取得システム、自己診断機能、統合安全モジュールにより継続的に無人でのサポートが実施されるように設計されています。

幅広い使用可能な燃料

ガソリン、ディーゼル、エタノール、メタノール、バイオ燃料混合物、その他の代替燃料など、さまざまな燃料に対応しています。このため、AVL FUELLOADは将来の要件に備えた将来を見据えたシステムとなっています。

Active Vapor Recovery

欧州規格に準拠した燃料補給装置としての従来利用に加え、オプションの「アクティブ型蒸気回収」は、有害な炭化水素蒸気を吸収し、欧州規格に準拠した燃料補給作業にも対応しています。

簡単なノズル交換

特許を取得した液ダレ防止クイックカップリングシステムであるDryLink機構により、素早く、液ダレなくノズルを交換できます。

正確な温度・流量制御

高精度の温度・流量制御により、このシステムは現在の法的要件を上回り、研究・開発や将来の要件に最適なシステムとなっています。

モバイル利用

このシステムは、デバイス上で手動で操作することも、AVL「SHEDCon」自動化ソフトウェアを利用して、統合ネットワークインターフェースを介して操作することもできます。オプションで用意されている防爆仕様のタブレットPCを使えば、場所に関係なくシステムを利用できます。

AVL SHED™
AVL SHED™

The AVL VT/VV-SHED (Sealed Housing for Evaporative Determination) systems constitute a state-of-the-art test system for testing evaporative emissions.

AVL CANLOAD™
AVL CANLOAD™

AVL CANLOAD is designed for the automated execution of conditioning and aging cycles of canisters containing activated carbon from the automotive sector.

SHED System
Evaporative Emission Testing

Learn more about our holistic product portfolio for evaporative emission testing of vehicles and components.

GL_ITS_Images_Key Visual Emission_square
A Guide to Vehicle Emissions and Energy Testing
On-demand

In this webinar, Kurt Engeljehringer shares details of AVL’s free Emission and Energy Testing Handbook, which aims to help engineers understand and navigate this complex topic.

photoworkers.at_-61991202
Evaporative Emissions – Verdunstungsemissions­messungen an Fahrzeugen
On-demand

In diesem Webinar erfahren Sie alles, was Sie über Verdunstungsemissionsprüfungen im Hinblick auf Hybridisierung/Elektrifizierung und Euro 7 wissen müssen.

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to