AVL HV System TS™ E-Integration

e-モビリティへの移行におけるキーテクノロジーとしての電気自動車給電装置(EVSE)。

AVL HV System TS™は、電気自動車の高電圧コンポーネントを統合したものです。これには、バッテリー管理システム、インバーター、e-モーター、ヒーターなどのコンポーネントが含まれます。

rendering

電気自動車およびハイブリッド自動車向け高電圧(HV)システムの開発には、安全性と信頼性を確保するために厳格な試験と妥当性確認が必要です。HVシステムテストベンチは、この目的のために設計された特殊設備です。制御された環境で、さまざまな条件下でHVシステムのパフォーマンスと挙動を評価します。HVシステムのテストベンチには通常、バッテリーシミュレーター、モータージェネレーター、パワーアナライザーなど、さまざまな試験機器が搭載されています。これらのツールを使用すれば、エンジニアはさまざまなシナリオをシミュレートし、さまざまなレベルの負荷、温度、電圧に対するHVシステムの反応を試験できます。HVシステムテストベンチは、パフォーマンス試験に加えて、HVシステムが電気安全規制基準を満たしていることを確認するための安全試験にも使用されます。これには、絶縁抵抗、高電圧の漏電、ならびに短絡保護に関する試験が含まれます。

HVシステムは複雑であり、適切に設計および試験しなければ危険です。AVL HV Systemテストベンチを利用すれば、安全な環境でHVシステム試験を実施できるため、事故や怪我の防止に役立ちます。また、費用対効果は非常に重要です。実際の交通状況下でHVシステムを試験するには、コストや時間がかかり、リスクが生じる場合があります。AVL HV Systemテストベンチであれば、HVシステムを車両に実装する前に費用対効果の高い方法で試験を実施できるため、開発時間とコストの削減に役立ちます。

一般に、HVシステムには、乗員と運転者の安全を確保する上で信頼性と堅牢性が求められます。AVL HV Systemテストベンチを使用すると、エンジニアはさまざまな条件やシナリオでHVシステムの信頼性を評価できます。そのため、潜在的な問題を特定し、システム全体の品質を改善できます。また、AVL HV Systemテストベンチは高度な柔軟性もあります。この柔軟性により、ソフトウェア開発中の新しいソフトウェアバージョンだけでなく、ハードウェア開発におけるさまざまなバージョンパターンフェーズに迅速に対応できます。つまり、AVL HV Systemテストベンチは、高電圧電気システムの試験・妥当性確認を実施する上で、安全で費用対効果と信頼性が高く、柔軟な環境を提供するため、E-Integrationタスクには不可欠です。

rendering

信頼性

さまざまな動作条件で一貫したパフォーマンスを実現します。

安全性

特殊なHVシステム統合テストベンチにより、人員と設備に生じるリスクを軽減します。

効率性

試験工程を合理化し、試験にかかる時間と労力を削減します。

一貫性

一貫した試験条件により、繰り返しが可能な試験を実施して充電インフラの問題を特定できます。

コスト削減

問題の早期発見により、ダウンタイムやコストのかかるHVシステムの交換を回避できます。

仕様

High Voltage (HV) System E-Integrationテストベンチの仕様は、試験の特定用途・要件によって異なる場合があります。ただし、考慮する場合がある代表的な仕様を以下に示します。これらの仕様は一例にすぎず、HV System E-integrationテストベンチの特定要件と目的の用途によって異なる可能性があることにご注意ください。実際の製品仕様は、被試験電気コンポーネントの種類、電圧・電流の範囲、ならびに特定の試験要件など、さまざまな要因によって異なります。

電力容量

HV System E-Integrationテストベンチの電力容量は、高出力の電気コンポーネントおよびシステムを試験するのに十分なものでなければなりません。通常、十分な容量は500 kW~1 MWの範囲となりますが、用途に応じて容量を増減したシステムが必要となる場合があります。
定格電圧 HV System E-Integrationテストベンチの定格電圧は、特定の用途および試験対象の電気コンポーネントの電圧範囲によって異なります。ただし、標準的なテストベンチは、1000 V~1500 Vの範囲の電圧を発生させられるはずです。
定格電流 HV System E-Integrationテストベンチの定格電流は、特定の用途および試験対象の電気コンポーネントの電流範囲によって異なります。ただし、標準的なテストベンチは、500 A~1000 Aの範囲の電流に対応できるはずです。
サンプルレート HV System E-Integrationテストベンチのサンプルレートは、試験の特定要件によって異なります。ただし、標準的なテストベンチのサンプルレートは少なくとも10 kHzです。要件が厳格な用途ではより高いサンプルレートを使用できます。

 

信頼性と安全性の改善

制御環境でコンポーネントとシステムを試験することで、潜在的な問題を特定し、パフォーマンス、信頼性、安全性を改善できます。

開発時間とコストの削減

開発工程の初期段階で問題に対処できるため、開発時間とコストを削減できます。

実際の交通シナリオによるシミュレーション

試験エンジニアは、短絡、過負荷、故障、負荷変動などをシミュレートすることにより、さまざまな動作条件下で電気コンポーネントやシステムのパフォーマンスを評価し、現場での信頼性とパフォーマンスを改善できます。

カスタマイズと柔軟性

試験エンジニアは、試験パラメーター、試験シナリオなどの試験条件を調整して、さまざまな動作条件で電気コンポーネントとシステムを試験できるため、試験の柔軟性を高められます。

High Voltage (HV) System E-Integrationテストベンチは、電気自動車やその他のHVシステムにおける各種HVコンポーネント統合の試験・妥当性確認に使用される設備です。HV System E-Integrationテストベンチの機能の一部を以下に示します。

HVシステム試験

このテストベンチは、バッテリー、e-モーター、パワーエレクトロニクス、およびそれら所定システム内の関連コンポーネントなどの各種HVコンポーネントに個別で試験を実施できます。

システム統合

このテストベンチでは、あらゆるHVコンポーネントを統合でき、冷却システムなどのその他の車両システムとの相互作用にも対応します。

実際の交通状況のシミュレーション

このテストベンチは、実際の交通状況シナリオと環境条件(温度と湿度など)をシミュレートできます。

データ取得

このテストベンチには、HVコンポーネントのパフォーマンス、システム効率、ならびにエネルギー消費量に関連するデータを収集・解析できる各種センサーおよびデータ取得システムが搭載されています。

安全性

HV System E-Integrationテストベンチは、試験担当者の安全を確保し、HVコンポーネントの損傷を防ぐために、保護シールド、緊急停止スイッチ、電気式インターロックなどの安全対策を備えた設計がなされています。

柔軟性

このテストベンチは柔軟性があるため、さまざまなHVシステムの設計・試験要件に対応できるように再構成できます。

helmut richter

HVシステムテストベンチは、高電圧システムの開発・妥当性確認を行う上で非常に重要なツールです。このツールを使用すれば、エンジニアは実際の交通状況下での用途に導入する前に、システムのパフォーマンスと安全性を最適化できます。

–AVL List GmbH システムラインマネージャー Helmut Richter

AVL E-Mobility Testing Solutions – Brochure

Tested and Trusted.

Download
AVL HV System TS™ E-Integration – Solution Sheet

Fast development and validation of electric drives.

Download
AVL Battery Test Systems – Solution Sheet

Designed to measure all important battery data at differing temperature and humidity.

Download
rendering of charging car
AVL Vehicle Charging TS™

In addition to the on-board charger and the battery itself, most control units are also involved in charging the battery. With increasingly connected vehicles, the vehicle will need to communicate with many different types of charging stations and, in the near future, even directly with the power grid (for load balancing).

e-storage
AVL E-STORAGE SiC™

研究開発、テスト、検証用のバッテリーテスターとエミュレーター

X-ion e-power
AVL X-ion e-Power

AVL X-ion™ e-Powerパワーアナライザは、電気・ハイブリッド用途に最適化されたモジュール式のデータ取得プラットフォームです。

Concerto
AVL CONCERTO 5™

CONCERTOにはすぐに使用できる専門分野のノウハウが組み込まれています。データドリブンなエンジニアリングで、開発を強力にサポート供します。

AVLの最新情報をご紹介します。
Matthias Dank
Matthias Dank Returns to AVL and Joins the Executive Board

AVL List GmbH has appointed Matthias Dank as new board member and Executive Vice President (EVP). The top manager with international experience was previously at McLaren Applied, where he was Director of Motorsport.

Reimagining Motion
AVL Mobility Accelerates Ground, Air and Space Technology

Latest projects from Northrop Grumman and Eviation presented at CES

AVL Racetech H2 Engine
AVL RACETECH Builds Hydrogen Combustion Engine for Motorsport

AVL RACETECH, the motorsport department of AVL, presents the prototype of an innovative H2 internal combustion engine. The power unit is a compact, hydrogen-powered 2-liter turbo engine, with intelligent water injection, which achieves a totally new performance level. The first racing engine that AVL RACETECH is developing and building in-house.

Image_OpeningCeremony
AVL、グラーツに水素・燃料電池のテストセンターを開設

エネルギーおよびドライブソリューションの革新に向けて試験能力を拡大

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to