製品

AVL Stingray™ Testbed

AVLのバッテリー安全システムにより、火災による被害を最小限に抑制

バッテリーを使用した作業中に予期せぬ火災が発生した場合でも、AVL Stingray™ Testbedなら事態を収拾できます。

AVL Stingray™ Testbed

現代のテストベンチによるバッテリー試験は、さまざまな安全上の問題に直面しています。バッテリーの火災や熱暴走事故を収拾する最も一般的な方法は、膨大な量の水でテストベンチを満たし、バッテリーを安全なレベルまで冷却するというものです。この方法は電気機器や試験セル環境の損傷や破壊につながることが多いため、理想とは程遠い方法です。AVLは、この問題に対処する独自のバッテリーセーフティシステムを開発しました。この画期的なシステムは、即座に火元に対処します。これにより、必要な冷却液の量と冷却時間を削減できます。

バッテリーのプロトタイプ試験にはさまざまなリスクを伴い、中でも最大のリスクは火災発生です。つまり、従業員や設備に危険が及ぶ可能性があります。従業員を保護する安全措置に加えて、Stingrayを利用すれば、火災の際に機器や試験施設全体を損傷から保護できます。したがって、試験作業中に火災が発生した場合でも、Stingrayが対応してくれるため、安全に落ち着いて作業できます。

AVL Stingray™ Testbed

損傷コストの削減

バッテリー火災または熱暴走を収拾する一般的な方法では、テストベンチの損傷または破壊につながります。

優れた消火性能

他の方法とは異なり、この画期的なシステムは、バッテリーを貫通して即座に火元に到達します。

幅広い適用性

さまざまなテストベンチで使いやすくなっています。

簡単な操作性

このシステムは小型・コンパクトで汎用性が高く、操作性を考慮して設計されているため、トレーニングの必要性も少なくなっています。

仕様

このシステムは、以下の2つの主要な部分で構成されています。バッテリーを貫通して冷却液にアクセスできる穿孔ユニット、ならびに技術機器と制御ユニットを格納する台車。穿孔ユニットは通常、試験中にバッテリー電気自動車またはハイブリッド自動車の車内に設置されますが、外部バッテリーにも使用できます。圧縮媒体を動力源とし、車両の床部分を通ってバッテリーを直接狙います。大容量バッテリーまたは複数バッテリーの場合は、最大2つの穿孔ユニットを取り付けられます。

  • 車両床部分からのバッテリー貫通
  • 内外バッテリーに使用可
  • 設置時間約2分
  • 2つの貫通ユニットの同時使用に対応
  • 水または液体窒素によるバッテリー冷却
  • 手動または自動によるリリースに対応
技術データ  

対応可能なテストベンチ

  • バッテリーテストベンチ
  • シャーシダイナモメーター
  • エンジンテストベンチ
  • パワートレインテストベンチ
  • 誤用試験
  • 気候室
冷媒消費量

40l/min

重量 230 kg

統合対応

車内バッテリーおよびバッテリー単体に使用可
インターフェース
  • 電源
  • 冷媒
消火剤
  • 液体窒素

 

バッテリーが燃焼し始めたり、制御不能な温度に達したりするなど事故が発生した場合、AVLの新しいシステムは、試験に不測の事態が発生した場合に、非常に効果的な独自のバッテリー冷却手法を提供し、関係者全員の安全性を向上させます。

時間とコストの節約

テストベンチへの影響を軽減し、事故の影響を軽減します。インシデント発生後すぐに試験を再開できます。

高効率

このシステムは火元に到達します。これにより、必要な冷却液の量と冷却時間を削減できます。

ユーザビリティ

このシステムは小型・コンパクトで汎用性が高いため、さまざまなテストベンチで使いやすくなっています。大容量バッテリーの場合は、2個の穿孔ユニットを取り付けられます。

設計・施工

このシステムは、以下の2つの主要な部分で構成されています。バッテリーを貫通して冷却液にアクセスできる穿孔ユニット、ならびに技術機器と制御ユニットを格納する台車。コンパクトで汎用性が高いため、さまざまなテストベンチで使いやすくなっています。

効率的な冷却

このシステムは即座に火元に到達します。これにより、必要な冷却液の量と冷却時間を削減できます。また、テストベンチへの影響も軽減されます。

複数の穿孔ユニット

この穿孔ユニットは、試験中にバッテリー電気自動車またはハイブリッド自動車の車内に設置するか、または外部バッテリーに直接取り付けます。大容量バッテリーまたは複数バッテリーの場合は、最大2つの穿孔ユニットを取り付けられます。

素早い設置と複数ある動作モード

設置に必要な時間は約2分です。したがって、遅延はほとんど発生しません。システムのアクティベーションは、手動またはテストベンチの自動化によって実行できます。これにより、試験中の安全性が最大限確保します。

photo of markus elsner

パワートレインテストベンチにおけるバッテリー安全性は、長らく予測不可能なリスクでした。AVL Stingray™ Testbedの発売により、このリスクは管理可能な課題となりました。」

AVL List GmbH 製品マネージャー Markus Elsner

AVL E-Mobility Testing Solutions – Brochure

Tested and Trusted.

Download
AVL Stingray™ Testbed – Solution Sheet

Limit potential fire damage with our battery safety system.

Download
AVL Stingray™ One – Solution Sheet

Bringing burning vehicle batteries safely, and quickly under control.

Download
AVL Stingray™ One
AVL Stingray™ One

AVL Stingray™ Oneは、充電ステーションや地下駐車場で、事故直後に車両バッテリー火災を迅速かつ効率的、そして安全に制御する革新的な新製品です。

rendering climatic chambe
AVL Climatic Chamber

バッテリーパック、モジュールおよびセル、燃料電池、e-モーターおよびe-アクスルに関する各ソリューションは、いかなる環境においても安全かつ確実に動作しなければなりません。この環境には、極端な温度や湿度が含まれます。こうした極端な温度や湿度は、試験コースや路上走行時での実際の試験シナリオでは再現できません。そのためAVLは、モジュール式のAVL Climate Chamberを開発しました。

Test Systems for battery cells
AVL Battery Cell TS™

AVLは、バッテリー試験の領域で、試験システム一式とスタンドアロンの機器、ターンキー試験ラボを提供しています。

Image
AVL Battery Module/Pack TS™

We offer complete test systems for the testing of modules/packs. Learn more about which hard- and software products are included in our test systems. 

rendering acora
AVL Battery Cell TS™ ACORA

ACORA – Active Cooling Rack – provides a more efficient way of temperature conditioning cells in a test environment compared to conventional climate/temperature chambers. With ACORA, cells are placed in water-cooled cold plates to achieve the required temperature conditions faster and more accurately.

AVL customer support
Customer Support

The primary goal for our AVL Customer Support Teams is, to be a helpful and reliable partner for all kind of questions and issues you might have, when using AVL’s technology.

AVL Customer Services
カスタマーサービス

Your success is our goal. This is what we are aiming for and this is how we understand AVL Customer Services since decades. Our goal is not new, but the way how we do it, is constantly evolving.

Matthias Dank
Matthias Dank Returns to AVL and Joins the Executive Board

AVL List GmbH has appointed Matthias Dank as new board member and Executive Vice President (EVP). The top manager with international experience was previously at McLaren Applied, where he was Director of Motorsport.

Image_OpeningCeremony
AVL、グラーツに水素・燃料電池のテストセンターを開設

エネルギーおよびドライブソリューションの革新に向けて試験能力を拡大

AVL Racetech H2 Engine
AVL RACETECH Builds Hydrogen Combustion Engine for Motorsport

AVL RACETECH, the motorsport department of AVL, presents the prototype of an innovative H2 internal combustion engine. The power unit is a compact, hydrogen-powered 2-liter turbo engine, with intelligent water injection, which achieves a totally new performance level. The first racing engine that AVL RACETECH is developing and building in-house.

_P__7584
AVL新バッテリーイノベーションセンター開設

バッテリー機能と生産プロセスの最適化された開発

Do you have questions or want to work with us?


Our experts are happy to help.

You are currently on the AVL Global Site. Click below if you would like to switch to